出産祝い

出産祝い>

出産祝いの決定版。激安大特価祭り。高品質&正規品です。

このページは「出産祝いを渡す時期 」の情報コンテンツです。
出産祝い > 出産祝いを渡す時期

豆知識

出産祝いを渡す時期。出産祝いの時期には注意を

出産されたお話を友人やご家族から聞くと、うれしい気持ちとお祝いしたい気持ち、ご出産後のお母さんを労わりたい気持ちなどすぐに伝えたい気持ちが沢山あると思います。しかし、ご出産後はお母さんの身体や赤ちゃんの体調、役所への届けや自宅での新しい生活など、いろいろと忙しい時期でもあります。特に初産の場合、初めてのことばかりで自分たちのことでいっぱいいっぱいなため、相手の立場になって労わる気持ちを忘れないようにしましょう。

一般的な出産祝いを渡す時期

ご出産されたのがご友人・お知り合いの場合、普通分娩であれば5日程度で退院されていると思いますので、出産後7日を経過したお七夜の後に贈ることが一般的です。ただ、帝王切開の場合は1~2週間程度は入院されている場合があります。生後1ヶ月の御宮参り前までに出産祝いをお渡しできれば、その後ご本人たちが内祝いをされる時期に間に合いますので、それを目処にしてお祝いを贈るようにしましょう。

身内の方であれば入院中にお見舞いを兼ねて会いにいくこともありますが、その場合はその時にお渡ししても良いでしょう。ただし、お祝いの品がかさばるものであった場合、退院時の荷物が増えてしまいますので、その時は後日自宅へ届けるようにされることをオススメいたします。

出産祝いは急がずとも大丈夫

会社の上司や部下など、ご出産されたお相手によっては上記の時期やマナーを守るべきですが、ご友人など親しい間柄であればお母さんの体調を見て、産後数か月してから赤ちゃんに会いに行く時にお祝いを持ってい行ってもいいでしょう。ただ、その場合は内祝いを贈る時期は過ぎていますので、謝罪の言葉を添えることをお忘れなく。

出産祝い 激安通販