出産祝い

出産祝い>

出産祝いの決定版。激安大特価祭り。高品質&正規品です。

このページは「出産祝い お返しマナー 」の情報コンテンツです。
出産祝い > 出産祝い お返しマナー

豆知識

出産祝い お返しマナー。出産祝いのお返しは幸せのおすそ分け

昔、出産したご本人たちから周りの親しい人々へ贈り物をすることを内祝いと言っていました。これは、何かお祝いをもらったお返しに贈るのではなく、幸せをおすそ分けするという意味で行われていたものです。しかし、現在ではこの内祝いは出産祝いのお返しのことを挿すことが多くなっているようです。お返しと考えると大変なことで急がなければいけないと焦ってしまいますが、実際の意味を知ることで心ばかりの贈り物ができるようになりたいですね!こちらではそんな出産祝いのお返しをするときのマナーやアドバイスをいくつかご紹介いたします。

妊娠中に内祝いの品を決めておく

初めての妊婦さんであれば、出産後は初めての連続でめまぐるしく毎日が過ぎていくでしょう。そんな中、出産から30日目頃の御宮参りを過ぎて落ち着いた頃に内祝い(お返し)を贈るのですが、誰からどんな品物をいただいたのかわからなくなってしまってはとっても困ってしまいます。できれば、妊娠中にお祝いを頂いた方のお名前や頂いた品物を残しておくノートなどの準備と、ある程度内祝いの品を決めておくと、贈る時にスムーズになります。

また、その時にご住所やご連絡先が分かる方であるかどうかも合わせて把握しておくことで、出産祝いのお返しを贈るギリギリに困ることもなくなりますね!

まずはお礼の連絡を

出産祝いのお返しは、通常出産から30日頃の御宮参りが終わったころにまとめて贈る場合がほとんどです。しかし、出産祝いは産まれてすぐに送られてくる場合や、親しいご友人が産院に直接お持ちになる場合もあるでしょう。面と向かって直接頂いたお祝いに対してはその場でお礼の気持ちが伝えられますが、産後間もない頃で気を使って会わずに送ってこられる方に、お祝い返しまでご連絡をしなければ1ヶ月ほど間が空いてしまいます。贈った方もちゃんと届いているのか心配になりますし、お礼の気持ちはすぐに伝えるべきですので、ご出産されたお母さん本人もしくは旦那様がお電話をして、まずはお礼のご連絡をするのがマナーです。

内祝いを贈る時期

先ほどからお祝い返しは出産から30日頃の御宮参りが終わったころに贈る場合がほとんどとお伝えしておりますが、何らかの理由ですぐに贈ることができない場合があります。そんな時でも、遅くても出産後60日以内(2ヶ月)には贈るように心がけましょう。

また、ご夫婦のご友人など親しい間柄の方であれば、ご出産後数か月してからお祝い持参で赤ちゃんに会いに来られることもあるでしょう。そんな時でも、親しき仲にも礼儀あり、として都度お祝いをお返しするのがマナーです。

お祝い返しの相場

出産のお祝いを頂いた相手にもよりますが、親戚や上司など目上の方から頂いたお祝いは3分の1で、ご友人や知人は2分の1が相場となります。ただし、相手との関係に限らず高価なものを頂いた場合は3分の1というのもありますし、上司でも普段からとてもお世話になっていてお礼の気持ちが大きい場合などはこの限りではなく、「幸せのおすそわけ」としてご自身のお気持ちをお返しになるのがいいでしょう。

出産祝い 激安通販