出産祝い

出産祝い>

出産祝いの決定版。激安大特価祭り。高品質&正規品です。

このページは「出産祝いの注意点 」の情報コンテンツです。
出産祝い > 出産祝いの注意点

豆知識

出産祝いで気をつける点!抑えておきたい出産祝いのマナー

出産祝いを渡す際、上司や会社の同僚など礼を重んじる場合はもちろんのこと、いくら親しい間柄といえどもマナーはしっかりと守り、相手の負担を忘れないようにしたいですね。

出産祝いの熨斗・但し書き

結婚祝いの場合、熨斗袋は結びきりの付いた袋を使いますが、理由はご存知でしょうか?結びきりとは、一度結ぶとほどけない、つまり1度きりという意味があるため、結婚式は結びきりとなります。逆に、ご出産は何度あっても良いお祝い事のため、蝶結びの熨斗袋を使いましょう。但し書きは「御出産祝」が一般的ですが、出産祝いを渡すタイミングが無くて産後1年以上経過している場合には、「御誕生祝い」の但し書きにすると良いでしょう。

母子の体調を確認する

出産後、体調がすぐれないお母さんもいらっしゃいます。産後の経過によっては再度入院される方もいらっしゃいます。妊娠・出産は病気ではないという言葉をよく聞きます。確かにその通りですが、お母さんの身体への負担は決して軽いものではありません。出産祝いを直接手渡しされる場合には、旦那さんやご家族に先に連絡をとって母子の体調を確認してから訪問しましょう。

また、普段以上に健康面に気を使うデリケートな時期ですので、出産祝いの送り主であるアナタ自身の体調が少しでも優れない場合は、事前に約束があっても無理に訪問することはせず、母子の身体を一番に心配しましょう。

手渡しの際は負担にならないように

出産祝いを手渡しされる際、病院に伺う場合も退院後にご自宅に伺う場合も、いくら赤ちゃんやお母さんが元気であっても長居はせずに早めに切り上げて帰るようにしましょう。産後の疲れや数時間おきの授乳による睡眠不足など、お母さん自身が気付かない疲れが溜まっていることもありますので、できるだけ負担にならないように心がけるお気持ちが大切です。

出産祝い 激安通販